「癒し」をコンセプトに、みなさまの目の健康を考える愛知県安城市の眼科専門医院です。
 
 
 

0566-77-3335

診療時間
9:00-12:00 16:00-19:00

主な院内設備

 

当院では、患者さまへの負担軽減と、
より詳細で迅速な検査・治療を行うため、
最新医療機器を導入しています。

次世代OCT(光鑑賞断層計)

従来機器では観察しづらかった網膜などの状態を、患者さまにより少ない負担で精密に観察できるようになりました。
迅速かつ低侵襲で網膜などの断層面の観察や立体構造の解析を行い、加齢性黄斑変性、糖尿病網膜症、黄斑円孔、黄斑前膜、黄斑浮腫、網膜剥離、緑内障など、疾患の早期発見や精密な検査に貢献します。

レーザー光凝固装置

治療時間の短縮、疼痛の軽減、網膜組織への熱障害の減少、黄斑浮腫(レーザーによる合併症)軽減のために導入した、新型のレーザー照射治療器です。眼球の奥にある網膜の疾患にレーザー光を照射して治療します。
糖尿病性網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜裂孔、中心性漿液性脈絡網膜症などの疾患に適応。

眼底カメラ〈眼底の撮影を行います〉

デジタル画像により、眼底の広範囲の画像を瞬時につなぎ合わせる事が出来、眼底疾患の連続した病状の記録が可能です。

暗室

数多くの検査機器・治療機械を導入し、よりよい診療を心がけております。

電子カルテ

当院は、カルテの電子化により、検査データや撮影画像を一元的に管理しています。これにより、たとえば、病状の変化をすばやく比較することが可能になります。また、左下の写真のように、撮影した眼の画像を診察室内の壁面に大きく映写し、患者さんご自身に見ていただきながら、眼の状態を分かりやすくご説明いたします。今後の治療方法や方針などを正しく理解していただけます(左の画像をクリックすると診察室内が拡大されます)